男性ドクター

助産院と病院の違い|専門の助産師が診察してくれます

初めての診察

ドクター

梅田では、妊娠の兆候があると産婦人科に行って検査を行います。しかし妊娠検査で初めて産婦人科を受診するときは多くの人が不安を抱えているものです。付き添ってくれる家族や恋人、知人がいるのなら不安も軽減されますが、一人で行く場合は受診自体を非常に躊躇してしまいます。そこで、梅田の産婦人科を受診する前に検査や診察の流れを把握しておき、初めてでもスムーズに医師に話が出来るようにしておきましょう。梅田の産婦人科を受診する場合、通常の病院と同じように受付から始めます。この時、産婦人科によっては完全予約制での診察をしている可能性があるので事前に病院に確認しておきましょう。受付が終わると問診票に体の異変や妊娠に関わる様々なことを記入していくので、細かく記入できるようにあらかじめメモ用紙などに自分の体のことについて書いておくと良いでしょう。そして問診票に記入が終わると診察が始まりますが、診察では問診票に記入したことを再度確認するので、待合室にいる段階で話す内容をまとめておくようにします。医師の診察で聞かれる内容は最後の月経の開始日と終わった日、月経周期、結婚した年齢、過去の出産歴、アレルギーの有無などです。用意していればスムーズに話せる内容ばかりなので落ち着いて医師の質問を聞きましょう。梅田の産婦人科ではプライバシーと個人情報が保護されているので隠し事はなるべくしないようにします。診察の後は尿検査や触診、超音波検査などで体の状態を詳しく見ていきます。特に触診はデリケートな部分を触られるので始めは違和感を感じますが、出産を安全に行なうための大切な検査なので緊張せず医師に体を任せましょう。

Copyright© 2016 助産院と病院の違い|専門の助産師が診察してくれます All Rights Reserved.