男性ドクター

助産院と病院の違い|専門の助産師が診察してくれます

妊娠するための治療

カウンセリング

結婚している男女にとって子どもを作ることは大切な行為です。若い男女が性交渉をした場合90パーセントの確率で妊娠しますが、中にはなかなか妊娠しない女性もいます。避妊をせずに性交渉をして2年以上妊娠しなかった場合、不妊を疑いますが若い夫婦は不妊治療に対してあまり良い印象はもっていません。そこで不妊治療に関する知識をしっかり学び、今後妊娠できるように努力しましょう。まず不妊治療では不妊の原因を調べる検査から行なわれます。女性は子宮や卵巣、卵管などを調べて、男性は精子の数や運動率などを検査していきます。原因が発覚すると本格的に不妊治療が開始されますが、その方法は大きく3つに分けられます。1つめが一般不妊治療です。これは一番軽い治療方法でより自然に近い形で妊娠することが主な目的です。一般不妊治療にはタイミング法と排卵誘発法がありますが、それぞれ違いがあります。タイミング法は排卵日を予測し、その時期にあわせて性交渉を行ない自然妊娠の確率を高めます。複数回通院して排卵日の予測をより正確にするので、各自で性交渉をするよりも妊娠率が上がるでしょう。費用は高くても一万円程です。そして排卵誘発法は、専用の薬剤を使って排卵を誘発しそのタイミングで妊娠活動を行ないます。タイミング法と同じで約一万円程の費用がかかります。そして他の治療方法が人工授精と体外受精です。人工妊娠は不妊の原因が男性にある場合に行なわれる治療法で、子宮内に精子を直接送り込み、妊娠の援助を行ないます。体外受精は卵子と精子を取り出し、体の外で受精、培養させる方法です。人工授精でも妊娠が困難な場合に行なわれます。

Copyright© 2016 助産院と病院の違い|専門の助産師が診察してくれます All Rights Reserved.